狭小住宅ってどんな家?

狭小住宅という言葉はよく耳にしますが、具体的にどのような住宅なのでしょうか。実は、狭小住宅には明確な定義はなく、普通では人が住むための一戸建ての家を建てるには狭すぎると考えられている土地に建てられている家をさします。おおむね15坪以下の土地に建てられていると、狭小住宅に分類されることが多いようです。

15坪の広さはおよそ車4台分の駐車スペースに例えられる広さなので、そこを壁で囲い柱や間仕切りなどでしきると、生活空間はかなり狭くなることは容易に想像が付きます。そのため、狭小住宅は3階建てにしたり地下を利用したり、階段下や屋根裏などさまざまな隙間を有効活用するなどの工夫が凝らされいることが多くなっています。

狭小住宅のメリットは都心の利便性と維持コストの安さ

狭小住宅が見られるのは、おもに土地代の高い都会です。そのため、狭小住宅のメリットの一番に言われていることは、土地代が安くすむことです。また、土地が狭いということで申請や登記にかかる費用を抑えることができ、さらに土地にかかる固定資産税や都市計画税も安くなるので、毎年の出費を抑えることにもつながります。家が小さいので、メンテナンスにかかる費用も当然大きな家よりは少なくてすみます。つまり、少ない予算で都心の利便性を手に入れられることになります。

ただし、建築時には防音対策や通風の工夫などが必要なケースが多くなり、また設備的にも工夫を凝らしてより住みやすい家を作ろうとすると、通常の住宅より建築コストが高くなる傾向が否めないといえます。

狭小住宅」は、狭くて小さい土地に建てられた家を意味する言葉です。明確な定義はないものの、15坪以下の土地に建てられた住宅に対して使われるのが一般的です。