収納家具の素材はどうする?

収納計画をたてたら、収納を造作するための素材を考えていくことになります。収納家具に使用する素材には、さまざまなものがあります。たとえば、フローリングなどでよく知られている無垢板などは、丸太から角材や板を必要な寸法に直接切り出したもので、無垢の一枚板、もしくはハギ板を使用すれば、家具のグレードは一気に高まるでしょう。そのため、美しい木目や特性をいかした設計が必要になります。ただし、天然木材の個性ともいえる収縮、ねじれ、反りなど、いわゆるあばれを考慮することが大事になります。

また、集成材は、無垢板の小片をモザイクのように長さ方向にも幅方向にも接着してつくるパネル材です。幅広で長尺の板がつくれる上、一枚板に比べるとあばれが少なく安定しているので、大量に使用する場合には有用でしょう。

そして、天然木やMDFの合板の枠を組み、両面に突板などの仕上げを張ったものをフラッシュ構造といいます。芯材以外の部分は、中空もしくはペーパーコアなので、非常に軽く吊り戸など自重を抑えたい場所には重宝します。加えて、ベタ芯構造は、芯組の手間が省け、MDFなどはそのまま塗装下地としても使用できるので、作業効率もいいですよ。

収納家具におすすめの木材は?

収納家具にとりれたい木材の一つがブラックチェリーです。赤みを帯びた暖色系なので、タモやナラなど少し明るい色味の材と合わせると空間のアクセントになりますよ。また、タモは、丈夫で強い素材です。ナラよりは黄味が少なく、さっぱりとした雰囲気に仕上がるでしょう。そして、ラワンもおすすめの木材になります。ラワンは、テクスチャーがやわらかく、光の反射が少ないので、空間がマットに落ち着きますよ。

福岡の注文住宅を利用するなら、相談窓口できちんと相談をしましょう。どれくらいの予算でどんな作りになるのかが具体的に知ることができ、場所によっては無人の相談窓口を設置していることもあります。